直線上に配置
熊本 小国フラメンコセミナー報告

 
今年7年目になるフラメンコセミナーは、杉の木の多い小国の木魂館という研修所でやっています。
受講生は地元の方々をはじめ九州全域、大阪や東京からも集まります。
毎回 初参加の方がいて初回からずっと参加の方々もなぜか永遠の初心者と言いつつみんな和気あいあいです。
年に一回ですから始めはキャリアの差や進行をどうしたものか…とおもいましたが、今はその時みなさんが楽しく体を動かすーこんな目的でレッスンを進めています。
すばらしい自然の中、美味しいものをいただき、踊り歌い、笑って過ごす二日間、それが私の小国セミナーです。




9月16日 AM10:30受講生のみなさんが会場である木魂館に続々到着。
一年ぶりに会う人たちは抱き合ったり握手をしたり 再会がうれしい。
 はじめて参加の人たちは少し緊張気味。
 今年は初参加も多いので簡単ですぐ楽しめることをと考えた末 ルンバの歌と踊りからはじめる。
曲は「Tarara」
午前中でほぼ習得。みんな集中してお稽古してくれます。
この日の最年少生徒 れいちゃん(3才)
スカートをつかんでオレンジもぎの振りがお得意
12:30お隣りのレストラン「バラン」にて昼食。ここのメニューはみんなおいしい。
2:00午後のレッスンスタート
 みんなよく覚えてくれるのでサパテアード(靴音のリズム)に挑戦。
グループに分かれて歌と踊りを交代しながらやってみる。
初日の最後は質問の時間
闘牛はどんなもの?
アンダルシアのお祭りは?
スペインのお話はみんなとても喜んでくれます。
9月17日 二日目
10:00 レッスン開始
この一コマだけ参加の人もいます。
地元の親子さん4人の長女みさきちゃん(4才)タカタカ音のなるサンダルで上手にリズムをだす
12:00 お昼休み
おそばやさんに連れていってもらう。
ここのおそばも最高。
唯一の男性受講生とお話する。楽しくて幸せとの感想にホッとする。
午後は発表会準備。
ご近所の方たちが見にいらして下さるほのぼの発表会。FM小国の取材もある。
たった二日で覚えた歌と踊りを披露。拍手喝采!
年一回のセミナーだけど私の大切な人たちと大好きな小国で過ごす幸せな時間。また来年、みんな元気に会いましょう。
ありがとう!

まえへもどる
直線上に配置